別れさせ工作のアクアです。全国でご相談を受けている弊社ですが、今年10月に大阪に支社をオープンして以来、関西でのご依頼にも迅速な対応が出来るようになりました。

本日はそんな大阪での別れさせ工作の事例をご紹介致します。

今回は大阪市北区のケース。ご依頼人は30代の女性。職場の同僚である40代の彼と交際していますが、男性は既婚者であるため本命にはなれていません。

何とか彼の本命になりたい。

そんな想いからアクアにご相談を頂きました。

犬の散歩仲間として接触。女友達として巧みに心理誘導。

ご依頼を受けるとすぐに今回のターゲットとなる彼の奥さんの調査を始めました。

調べてみると奥さんは会社勤めで、かなり規則正しい生活を送っているようでした。朝には会社に出勤し、仕事が終わるとスーパーで買い物をして帰宅する。特に趣味らしい趣味や、習い事をしている様子もなく、接触の機会も自然と限られました。

そこで今回着目したのは、ペットの犬を散歩させる時間でした。ターゲットは会社から帰ると、犬を連れて散歩に行くことが調査で判明したので、ここで同じく結婚していて犬を散歩する習慣がある設定の工作員を接触させました。何度か道すがらで会って話をするうちに、犬を連れて行けるカフェに行ってみたいという話になって、連絡先を交換して二人で会うようになりました。

二人で会うと工作員から恋バナ的な話題を振り、次第に彼の話になるように誘導しました。

さらに工作員が、自分の夫が浮気しているかもしれない、という設定の話をすると、奥さんの方もうすうす彼が浮気している疑念を持っていたようで、だんだん彼への不信が生まれるようになっていきました。

工作員は自身の経験などを話すことで、ターゲットの中に生まれた疑念をうまく誘導して増大させ、もともと彼氏に抱いていたかなり強い気持ちに隙を作ることに成功しました。

その後は、これまでの調査中に明らかになっていた彼への不満から、彼にはないものを持っている設定の男性工作員を登場させ、その比較から奥さんが彼を客観的に見るように誘導しました。

するとだんだんと奥さんの中に眠っていた彼への不満が目に見えるようになり、最後には奥さんの方が彼と別れることを決意しました。

まとめ

このように今回は、女友達による心理誘導、またそれによる不満の可視化、というアプローチで工作を行いました。

徹底した調査に基づく最適なカバーストーリーと、人の心理を熟知した工作員により、非常に自然な形でターゲットの気持ちを揺り動かして別れさせ工作を実現することが可能です。

さらにアクアでは、ターゲットの別れさせ工作と同時並行で、クライアントと彼の関係性のケアも行います。

アンサーズという相談サービスでは、現場で活躍する工作員があなたの悩みに具体的なアドバイスをし、彼との関係を改善できるようサポートします。なぜなら彼の本命になるためには、相手を別れさせるだけでは十分ではなく、本当に彼に必要とされる女性にならなければならないからです。

今回クライアントの女性には、まずは彼の奥さんとクライアントを客観的に比較して、クライアントに足りていない部分をお伝えしました。

彼の奥さんと比べられる、というのはかなり厳しいものではありますが、本命になれていないということはあなたの中に何かが足りていない、ということです。

具体的には、クライアントは恋愛において自分本位になりがちで、彼を思いやる気持ちが足りていない、もっと相手ベースで関係性を考えなければならないことをお伝えしました。

別れさせ工作から見えてくる彼の人柄、奥さんの情報などを総合して、あなたがどんな女性を目指せば彼に必要とされるのかを具体的にアドバイスします。

彼の本命になるために。本気の方は、ぜひアクアにご相談ください。