東京、関西を中心に別れさせ工作を請け負っています、アクアグローバルサポートです。

アクアは創業から20年の老舗。これまで全国で2300件以上の別れさせ工作を成功させてきました。

そんなアクアが今年10月、ついに大阪支社を完成させ、関西地方で本格的にサービスを提供できるようになりました。全国で工作を成功させてきたアクアだからこそ実現できるサポートがあります。ぜひご相談ください。

本日はそんな関西地方でアクアが手がけた別れさせ工作の事例をご紹介致します。

私達のサービスの一端をお見せできれば、と思います。

いつまで経っても離婚する気のない彼…。前に進むために。

今回の舞台は大阪府堺市。

依頼者は30代の女性。40代で既婚の男性と交際しています。

二人が出会ったのは職場。上司と部下の関係で、同じプロジェクトに参加して働くうちに、彼の決断力や頼りになるところに魅力を感じ、一緒に飲みに行くうちに仲良くなり、ある時、男性の方から想いを告げられたそうです。

以来交際を続けて1年。関係は良好で、二人でいる時は楽しい時間を過ごせています。

しかし、彼が家族の話をする時はどうしても暗い気持ちになります。彼は女性といる時もかなり家族の話をするようで、子どもがまだ小さいこともあり、離婚を現実的な選択肢とは捉えていないようです。

とはいえ二人でいる時間は幸せそのもの。そんな時間を壊したくなくて、口に出したら幸せが崩れてしまいそうで、とても離婚して欲しいと彼に言うことはできていません。

そんな時にネットで見つけたのがアクアグローバルサポート。

別れさせ屋として、同じ境遇の女性が一歩進むのをずっと後押ししてきたアクアの存在を知り、ご連絡して下さいました。

亭主関白の夫婦関係。彼にないものを持つ男性工作員を。

女性からの依頼を受けて早速男性とその奥さんに関する調査を始めました。

すると女性から話を聞いていた通り、夫婦関係は良好でかなり仲良くしているようでした。

実際家族で温泉旅行に行ったりと、一見すると離婚の可能性は見えない良好な関係性に見えました。

しかしかなり亭主関白なところがあるようで、夫婦間でケンカをよくするようでした。ケンカをするときは激しく、卵を投げつけ合ったりすることもあるようでしたが、それでも毎回仲直りをして良好な関係を保っている、という状態でした。

とはいえ、やはりこれに関しては奥さんも不満に思っているらしく、家庭的で優しい男性への憧れもどうしても捨てきれない、ということが伺えました。

今回はこの点を工作のポイントとし、シナリオを作っていきました。

調査の結果、奥さんが大阪のゴルフ練習場で週2回ほどスタッフとして働いていることは分かっていたので、客として工作員を接触させます。

工作員は男性。バツイチで結婚の良いところも悪いところも知っている、さらに奥さんが密かに憧れる「気遣い」や「優しさ」も兼ね備えたキャラとして設定しました。

まずは出張で大阪まで来た、という体で男性工作員がゴルフ場に行きます。最初は受付の奥さんとも軽く話す程度です。しかしその後5回、6回と通ううちにだんだんと仲良くなり、顔馴染みになります。

ある程度仲良くなったタイミングで、女性工作員も交えて3人で連絡先を交換します。いきなり2人で連絡先交換だと怪しまれる可能性があったので、念を入れて3人としました。工作員の2人は他県に住んでいる設定だったので、大阪の美味しいお店に連れて行ってください、という風に誘い、プライベートで会う関係を作ることが出来ました。

プライベートで会うと、やはり奥さんからは旦那さんのグチが出てきます。「優しくしてもらえない…。」という亭主関白に関するグチが多く、やはりその部分に関しては相当の不満があることを確信します。

そこで男性工作員は、レディーファーストでドアを開けてあげたりであったり、料理を取り分けてあげるなど、いわば当たり前の優しい行動でアピールするようにします。奥さんはそんな小さな優しさだけでも感動し、男性工作員に惹かれるようになります。そこから徐々に2人で会う関係を作り、ある時旦那さんに二人の関係を露見させることで離婚への流れを作ることが出来ました。

まとめ

このようにアクアでは、人の心の徹底的な分析に基づく別れさせ工作を重視しています。

まず最初に調査をしっかりと行い、バックグラウンドだけでなく、登場人物の心情、何が刺さるのかまでを洗い出し、そこからシナリオを構成していきます。

私達は安易な方法論には頼らず、人の心という基本に立ち返った工作を行います。それが、成功事例2300件以上という非常に高い数値に表れているのです。

現状を変えたい、一歩を踏み出したい方。

関西の別れさせ工作はアクアにお任せください!