別れさせ屋のアクアグローバルサポート大阪支部です。
皆さん、別れさせ屋がどうやって別れさせているのかご存知ですか?

「異性の工作員が、ターゲットに接触して別れさせている」

端的にいうと、こういうことです。
もちろん、案件によって
「まずは同性の工作員を接触させてから、異性の工作員を接触させ」たり、
「工作員カップルを接触させ」たり、
「ターゲットが複数人でいることが多い場合、こちらも複数人の工作員でグループ交際から始める」
こともあります。

ですが、別れさせ工作の基本は”1対1″のコミュニケーションにあります。

人が本当に親密になるのは、1対1になってから

あなたの人間関係を思い返してみてください。
例えば3〜4人でよく集まる友人グループがあったとします。
もちろん、それぞれ信頼しているし仲がいいのですが、本当に相談したいときはその中の1人と”1対1″で話をしたりしませんか。

別れさせ工作も同じです。
複数人で仲良くなるシナリオを作ったとしても最終的には、1対1で話したいと”ターゲット”に思わせる関係性を築くかに掛かっています。
「2人で会わない?」と誘い出すことは簡単ですが、相手から「2人で話したい(会いたい)」と言わせることに価値があるのです。
よく別れさせ屋は「ナンパが上手い人だったらできそう」と思われがちなのですが、事実は少し違います。
ナンパができる能力が要らないとは言いませんが、「ナンパさせる能力」が高い人が真の別れさせ屋だと言えるのです。
この人と話したい、何か惹かれるものがあると相手に思わせるための、”引く技術”はアクアのエース工作員は皆体得しています。

その域になると、ナンパがナンパに見えなくなり知らない人でも自然と相手が心を許して話している状態を作り出すことができます。
老若男女関係なく同じテンションで話せるという共通点があるかもしれません。こちらの狙い(下心)を全く相手に感じさせることがないため、素性も知らない相手なのに警戒心を抱かせずに話すことができるのです。

別れさせ工作の現場を覗き見

こちらはとある別れさせ工作現場の撮影動画です。

このように全ての別れさせ工作現場では、調査・撮影スタッフも同行し依頼者様にご報告用として残しています。
中々、この動画だけでは工作員のコミュニケーション技術を伝えることは難しいですが、実はこの工作は以前に連絡先交換をしたターゲット(女性)から連絡があり、初めて2人で会った時の様子です。
雰囲気で少し分かるかもしれませんが女性から腕を組んでおり、かなり積極的な様子でした。
そういった場合は、男性工作員は心理的な距離を一歩置き続けます。
最終的には、こちらから誘わなくてもターゲットが執着するようになるのです。実際にこの工作では別れ際に女性側から「またすぐ会いたい」と言われており、かなりスピーディーな成功が予感される案件です。

好意を持たせるのは「手段」。目的は心理誘導させること。

よく勘違いされるのが、別れさせ屋はターゲットから好意を寄せられることをゴールとしているということです。
これは全くもって違います。
強いて言えば、「ターゲットの心理誘導するために、好意が必要であれば利用する」というのが私たちの回答です。

別れさせ屋アクアの目的は「依頼者さんが望む結果を作り出す」ことです。
つまり、依頼者さんが「元カノとヨリを戻したい」と願うのであれば、ターゲットである今の彼氏がどういう心理状態になれば別れを選ぶのか。そして(依頼者さんに目がむきやすくするために)元カノさんに悪い印象を残して別れてくれるのかを考えます。
これを達成するためには、工作員は今の彼氏に好意を持たれるだけでは不十分です。
今の彼女への悪口を引き出したり、ぞんざいに扱わさせるための誘導も必要でそのために男性工作員を接触させたりもします。
つまり、好意を持たせるというのは別れさせ工作においてはごく一部に過ぎないのです。

常に、依頼者さんの望みを叶えることから逆算して、”誰がどういう行動に出れば実現するのか”を考えたシナリオ構築を行います。
別れさせ屋は千差万別です。
理論と実績と誇りを持った別れさせ屋に依頼してください。