「毎日100件以上のメールが送られてくる」

「LINEが既読にならないだけで激怒される」

「いつ、どこで、誰と会ったのかをしつこく迫られる」

このようなメンヘラ彼女の被害に苦しむ男性は決して珍しくありません。今回は、そんなメンヘラ彼女の特徴と、メンヘラ彼女と別れるための方策についてお話します。

知らせざるメンヘラ彼女の生態とは?

一般的には知られていないことですが「メンヘラ彼女の被害者」は、著名人や経営者などの富裕層に多いのです。そして、彼らを苦しめる強烈なメンヘラ女は、アナウンサー、キャビンアテンダント、女優、大手企業の管理職など、日常的に脚光を浴びているキャリアウーマンがほとんどです。

メンヘラ女に共通する特徴は、とにかく対外的に明るく人当たりが良いことです。ですので、外観的にメンヘラ女か否かを見極めることは容易ではありません。彼女たちは、世間体や職場からの評価を人一倍気にする人種ですので、とにかく「外面(そとづら)」が良く、模範的に振舞うことができてしまうのです。

ところが、こうしたメンヘラ女は「オフモード」になった途端、豹変します。

“笑顔夜叉(しょうめんやしゃ)”という四字熟語をご存じでしょうか?見た目は笑顔だが、心の底で悪いことを考えているという意味で、「夜叉(やしゃ)」とは人に害を与える悪い鬼神のことです。まさにメンヘラ女を表現するのに相応しい表現です。

メンヘラ女は「目が本当に笑っていない」「目じりと口だけで笑っている」傾向があり、一種の「壁」を感じさせる特徴があります。分かりやすく言うと、お酒を飲んでいるときでも「ぶっちゃけモード」になることは決してありません。対人感覚を研ぎ澄ませば、ある程度事前にメンハラ女を識別することもできるでしょう。

メンヘラ彼女と円滑に別れたいあなたが知っておくべきこと

前述したように、メンヘラ女は相対的にハイキャリアです。また、容姿にも恵まれていることが多いため、基本的に周囲からチヤホヤされて育ってきました。もっとも理解しなければならない「メンヘラ女の第一共通項」は、非常にプライドが高いということです。もし、あなたがメンヘラ女と円滑にお別れしたいのであれば、その高いプライドを逆なでしないように心がけましょう。メンヘラ女によるトラブル構造は以下のとおりです。

プライドが高い → 常に自己中心的 → 相手に対する妄想が激しく「激昂」する 

メンヘル女はプライドが高いが故に、常に自分が中心でいないと気が済みません。彼女が多忙なときには一切連絡は来ませんが、メンヘラ女が「オフモード」の時に、あなたが他の女性と行動しようものならもう大変です。「どこの誰と飲んでいたの?」「お店はどこ?」「そもそも職場に女性は何人いるの?」「名前は?年齢は?」といった具合に畳みかけてきます。

「メンヘラ女の第二共通項」は、とにかく妄想が激しいことです。例えるならば、グリム童話の「鏡よ鏡、国中で一番美しい女性はだれ?」と唱える継母です。そして、あなたは従順な鏡にならなければ割られてしまう。

ハイクラス層に限らずメンヘラ女は存在します。この点、一般的なメンヘラ女のトラブル構造とは若干異なります。

プライドが高い → 常に自己中心的 → 相手に対する妄想が激しく「感傷」する

一般層のメンハラ女の特徴は、妄想の後に悲観的になり「会わないなら死ぬ」などと、その不安な気持ちをあなたに押しつけてきます。一言でいえば、極度の依存体質です。

プロが教える「メンヘラ女と別れるため」にとるべき言動とは?

繰り返しになりますが、メンヘラ女は通常人の20倍から30倍プライドが高いと思ってください。また、激しい妄想癖があることも前述しました。

ですから、メンヘラ女に対して「嘘をつく」のはご法度です。また、「できない約束」を決して口にしてはいけません。たとえば、「22時に帰る」と約束した場合、5分でも遅刻するだけで、それが彼女の逆鱗に触れることだってあります。メンヘラ女は、あなたの発言をAIのように100%記憶しています。あなたは、既にミサイルに「ロックオン」されている状態ですので、そもそも、逃げることすらできないのです。

メンヘラ女の怒りや悲しみを治めるためには、彼女のプライドを傷つけることなく「繰り返し同じことを説明する」他なりません。そのため、2時間でも、3時間でも同じ話しを繰り返しするしかないのです。

もうお分かりのように、メンヘラ女と円滑にお別れすることは、至難の業と言えます。そもそも、メンヘラ女は「自分から離れていく男」を許せません。法的手段に出たところで効き目がないことも多々あります。

プロの「別れさせ屋」を活用したメンヘラ彼女との別れ方

私たちは、今まで数々の「メンヘラ彼女被害」を解決に導いてきましたが、その典型的な事解決フローをお話しましょう。

まず登場するのが、メンヘラ彼女に近づく女性工作員です。メンヘラ女は、自己承認欲求が強いため、常に「味方が欲しい」と感じています。プライドの高いメンヘラ女ですから、工作員は慎重に接近し、時間をかけて信頼関係を構築します。

工作員が親友レベルに近づいたタイミングで、男性工作員が太鼓持ち役で登場することもあります。メンヘラ女を持ち上げつつ「あなたはモテるから、別れた方が良い」という方向に心理誘導していくのです。ここまで接近できれば、成功率は70%~80%と言えるでしょう。

いずれにしても、強烈なメンヘラ女と簡単に別れることは困難です。あなたが、多忙な方であれば尚更、プロの力を借りた方が無難かもしれません。アクアは「別れさせ屋」として20年の歴史がある老舗です。大きなトラブルに発展する前に、是非一度ご相談ください。

別れさせ屋のサービス・料金はこちらをご覧ください。